TopPage

テスト自動化スクリプト

Linux系OSにて、コマンドを発行し、結果からある文字列の有無を元にOKかNGか判定するものです。
項目が多い場合、時間短縮になるだけでなく、人の目で見るよりも問題を検出できます。

使用方法

./TEST_EXEC.sh SRC.txt XXXX.log
XXXX.logは出力ログ名を指定します。
SRC.txtは、1行ずつ"検索文字列[タブ文字]発行コマンド"と記載します。
例としてDNSサーバのテストであれば、"localhost[タブ文字]dig -x 127.0.0.1"といった感じです。

関連ページ


ファイル名: TEST_EXEC.sh

!/bin/bash

if [ $# -ne 2 ]
then
        echo "usage ./TEST_EXEC.sh SRC.txt XXXX.log"
        exit 1
fi

LOG_FILE=$2

while read LINE_BUF
do
        IFS='   '
        set -- $LINE_BUF
        IFS=' '
        CMD=$2
        RESULT=`$CMD`
        if [[ ("" != $(echo $RESULT | grep "status: NOERROR")) && \
        ("" = $(echo $RESULT | grep "ANSWER: 0")) && \
        ("" !=  $(echo $RESULT | sed -n -e "/;; ANS/,/;;/p" | grep -i "$1")) \
        ]]
        then
        echo "OK!"
        else
        echo "NG!!!! at $1 COMMAND = $CMD"
        fi
        echo "" >> $LOG_FILE
        echo $CMD >> $LOG_FILE
        echo $RESULT >> $LOG_FILE
        echo "=======================================================" >> $LOG_FILE
done <$1

exit 0

参考ページ



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-06 (月) 23:47:02 (555d)